資産運用

タイ在住者でも可能な資産運用を紹介

タイに居住すると日本で証券口座を開設できない、新規で保険に加入が出来ないなどの問題点があります。
その他、銀行から融資を受ける事が出来ず、日本での事業運営や不動産投資等に影響が出る場合もあります。

今回はそんな、タイ在住者でも可能な資産運用をご紹介します。

①外国の貯蓄性生命保険で資産運用

タイに居住すると日本の生命保険に新規加入する事は出来ませんが、外国で生命保険に加入する事が出来ます。(日本居住者は原則不可)
私自身も香港の貯蓄性生命保険にて資産運用をしています。

日本の保険会社と比較すると金利が高いのは魅力的です。(日本の保険会社が販売しているドル建て保険が他国の保険会社と比較して金利が低すぎるとも言えます・・。)

タイに居住することになったら、香港の生命保険についてまず知ることをお勧めします。

詳細はこちらの記事をご確認下さい。

②タイ株式での資産運用

海外居住者は日本で証券口座を開設する事は出来ませんが、外国の証券口座を開設する事は可能です。

タイの証券口座を開設するとタイ株式の購入が可能です。

従って、BTSやバンコク病院、AIS等普段利用している会社の株主になる事が出来ます。日本と比較すると配当が高い傾向にあります。
また、日本語でのやり取りやレポートを送ってくれる証券会社もありますので日本人には取引しやすいです。

私自身は2011年から取引をしています。
最初はタイの会社が良く分からなかったため、購入金額より5%下がったら売却すると自分の中でルールを決めて購入していました。

2011年から2014年頃まで株価全体が上がっていったこともあり、20銘柄ほど売買しましたが5%下がった事で売却したのは1銘柄でした。

私自身は相場を読む事は出来ないので、結果的にはタイミングが良かっただけだと思っています。

新しい形の資産運用方法

今後は物を所有せずに利用したい時にだけ使うシェアリングビジネスが更に進むと思っています。

シェアリングは利用者、運営者、オーナーがおり、多くのシェアリングビジネスではオーナー側(物の所有者)になる事が可能なものもあります。

シェアリングについての資産運用としては家、車、時計、カバン等々いくつかの種類があります。

腕時計シェアリング(KASHITOKE

その他、BUYMA TRAVEL(バイマトラベル)等々自分の空き時間を活用して副収入を得る事も可能です。

BUYMA TRAVEL

資産運用には必ずリスクがありますが、リスクを取りたくない、もしくは運用方法がわからないため普通預金に預けたままの方もいます。しかし、長期で預けたままだと物価が上昇する事でお金の価値が下がっていきます

弊社では将来の学資金や年金準備のご相談の他に、資産形成をしたいけど何から始めると良いのか分からないと言った相談もお受けしています。

是非お気軽にご相談ください。