資産運用・経済教育2020年10月29日by 久米 直也【タイ在住者必見】15年後に140%保証の海外積立商品??

先日の個別相談でS&P500に積立をしながら15年後には元本の140%は確保される金融商品について内容を教えて欲しいとお問い合わせをいただきました。
今回は資産運用を行う金融機関側の視点で解説します。

15年後に140%を保証するには!?

毎月積立を行い15年後に140%の元本確保を保証するためには、年利4.33%の利回りを顧客に提供する必要があります。
また金融機関や販売者も手数料を取ります。

そうしますと約年利6%の収益率を確実に得る事が出来ないと15年後に140%の保証をする事は出来ません。
2005年頃は米ドルの長期金利(米国債10年)がほぼ4.3%でした。

全ての資金を米国債に回すと140%の元本確保は出来ても、S&Pにリンクする仕組みや運営、
販売にかかるコスト(手数料)を考えますとそれでも元本確保はできません。
また現在、長期金利(米国債10年)は1%下回る状態です。

一括型と積立型の元本確保の仕組み

元本確保型商品では国債や国債に準じた利回りを用いて仕組みを作ります。
一括型なら申込時に国債利回りが確定するので、簡単に元本確保の仕組みが作れます。

しかし、積立型商品では申込みや積立の時期により国債利回りは変動します。
申込時期や積立時期に関わらず元本確保はどうしたら出来るのでしょうか?

私には理解出来ないためこの会社に質問をしてみました。

質問:なぜ満期時に140%の元本確保が出来るのでしょうか?
回答:仕組債を利用しているからです。
質問:仕組債の詳細を教えてください。
回答:それを公開する事は出来ません。。。
仕組債についてはこちら
https://globalsupportthailand.com/2020/07/09/thailandstructuredbond/

【仕組債】という凄そうなものを、紹介している方も理解していないまま勧めているかと思います。

まとめ

金融商品を購入する際は商品の仕組みを理解する事が大切です。
海外の金融商品だから全て優れているという事はありません。

一番怖いリスクは自分が気付いていないリスクを取っていることです。

無料オンラインセミナー・個別相談について

無料オンラインセミナー

海外居住中だからこそできる資産運用を分かりやすく学ぶことができます。
投資の基礎、海外居住中の資産運用の解決策を知ることができる「無料オンラインセミナー」をご活用ください。
下のバナーを押していただくと簡単に予約ができます。

※無料オンラインセミナーは弊社公式LINE内で動画配信も行っています。
好きなタイミングで学びたい、何回も復習したいという方は弊社公式LINE内にある動画配信のご視聴をおすすめします。

※商品の勧誘やアンケートなどはありません。海外居住中の資産運用について学びたい方は是非お気軽にご参加ください

無料個別相談

弊社では、資産運用の無料個別相談を随時受け付けております。下記の「LINE」又は「メールフォーム」のいずれかからお気軽にお問い合わせください。ZOOMを利用した個別相談も承っております。

無料個別相談のお客様の声はこちら

個別相談の進め方等につきましては、無料個別相談のページをご確認下さい。

※弊社公式LINEは
営業やプッシュ通知などのお知らせはありません。
海外在住中の資産運用や税金などの情報を知りたい方はお気軽に友達追加ください。

Share

投稿者プロフィール

久米 直也
久米 直也Managing Director
郵政省・郵政公社(元日本郵政)にて12年、主に保険金支払と窓口業務を担当。郵政大臣表彰、国際優績表彰等を受賞。AIGエジソン生命在籍時はMVP表彰とMDRT会員として3年間営業をした後、2011年にGlobal Support (Thailand) Co.,Ltd.のManaging Director就任。真の経済教育の普及に邁進中。