経済教育

【帰任前に要チェック!】本帰国時のタイの銀行口座について

本帰国時のタイの銀行口座について

この時期になると日本に本帰国される方の相談が増えてきます。
今回は本帰国の際にタイの銀行口座はどのようにするのが良いのか解説します。

年度末に向けて本帰国となる方が多くなってきます。
この時期になりますと香港の貯蓄性生命保険とタイの銀行口座をどのようにしたら良いのかのご相談が増えてきます。

今回は本帰国時のタイの銀行口座について書きます。

本帰国時のタイの銀行口座について

タイで収入が発生しない場合は本帰国前に解約しておく事をお勧めします。
理由としては以下です。

①カード維持手数料がかかる
②カード紛失やシステム変更時等の際に銀行窓口にて手続きをする必要がある。
③死亡した場合の相続手続きが煩雑

②は将来的にタイも日本と同様TAXIDやマイナンバーの届け出しないと口座利用が出来なくなるのでは?と思っています。
③は3年前に友人を亡くしているのですが、香港で加入した貯蓄性保険は死亡保険としてお支払済ですが、未だにタイの銀行口座に入っているお金は引き出しが出来ておりません。
ちなみにタイの生命保険も死亡時の手続きが難しい場合があります。

【意外と知らない】タイの生命保険と保険金の受け取り方法について

金融商品を契約時の注意点

銀行預金や保険加入等、金融商品を契約する際は自分が死亡した時にどのような手続きが必要となるのか?事前に理解をして契約しましょう。
また生命保険の場合は銀行預金や株式と受取時の税金の仕組みも違うので、契約時には税金の事も理解をしておく必要があります。

弊社の個別相談では本帰国前に準備しておく事等アドバイスをしています。
お気軽に個別相談をご利用ください。