親から子どもに保険料を贈与して保険を契約します。

この場合、贈与税の基礎控除110万円の範囲内で子どもに保険料相当額を贈与し、子どもを契約者として保険契約をします。
ただし、契約者となる子どもは18歳以上である必要があります。

*通常は贈与税が発生しないように、または発生しても少額で収まる範囲で保険料を設定します。

贈与の事実を書面などに記録として残しておくことをお勧めします。
・贈与のたびに贈与契約書を作成しておく。
・通帳を通して贈与をおこない、受贈者の通帳・印鑑は受贈者自身が管理をする。

贈与契約書はインターネット上でダウンロードができます。(参考ファイルはこちら。)

 

よくある質問

【質問】

子ども名義で契約する際の注意点を教えてください。

【回答】

子ども名義で外国送金やWise、クレジットカードなどで保険料を決済する必要があります。

無料オンラインセミナー・個別相談について

無料オンラインセミナー

海外居住中だからこそできる資産運用を分かりやすく学ぶことができます。
投資の基礎、海外居住中の資産運用の解決策を知ることができる「無料オンラインセミナー」をご活用ください。
下のバナーを押していただくと簡単に予約ができます。

※無料オンラインセミナーは弊社公式LINE内で動画配信も行っています。
好きなタイミングで学びたい、何回も復習したいという方は弊社公式LINE内にある動画配信のご視聴をおすすめします。

※商品の勧誘やアンケートなどはありません。海外居住中の資産運用について学びたい方は是非お気軽にご参加ください

無料個別相談

弊社では、資産運用の無料個別相談を随時受け付けております。下記の「LINE」又は「メールフォーム」のいずれかからお気軽にお問い合わせください。ZOOMを利用した個別相談も承っております。

無料個別相談のお客様の声はこちら

個別相談の進め方等につきましては、無料個別相談のページをご確認下さい。

※弊社公式LINEは
営業やプッシュ通知などのお知らせはありません。
海外在住中の資産運用や税金などの情報を知りたい方はお気軽に友達追加ください。