経済教育

日本は財政破綻するのか?

『将来の為替は?』と同じように、『日本は財政破綻しますか?』と聞かれる事もあります。
恥ずかしながら、以前の私は深く考えもせずに、国が借金を増やしていくと、いずれは財政破綻すると思っていました。

しかしながら、しっかりと勉強していくことで、そんな単純な話ではないことが良く分かります。

国の財政と国民の豊かさの関係

例えば、『国の財政が悪くなると、国民は豊かになる!』と聞くとどう感じますか。
恐らく、『国の財政が豊かになると、国民も豊かになる!』の間違いではと思われるのでないでしょうか。

しかしながら、前者が正しいのです。(※国外に資金が流出しない場合)

なぜなら、税金が安くなると、財政は悪くなりますが、国民は喜びます。
他には、国が公共事業でも行えば、財政は悪くなりますが、民間の建設業者などが喜びます。

すなわち、『国が借金をすると、国民の資金は増える』のです。
これは冷静に考えれば当たり前なことなのですが、意外と気づきません。

次に、そうはいっても、『そのお金が国外に出てしまったら。。。』となるわけですが、実際に国外に出ている資金は、全体から考えると、ごく僅かです。
恐らく日本の場合は、ホームアセットバイアスの強い高齢者の方が資金の多く保有していることも原因だと個人的には思っています。

そして実際に過去データを検証すれば、ほぼ間違っていないことがわかります。

【添付参考】
赤線・・・国民の純金融資産(金融資産から借金を引いたもの)
青線・・・政府の債務合計
※日本銀行時系列統計データ検索サイトより
https://www.stat-search.boj.or.jp/

なお、量が増えること=供給が増えることですので、そちらに対し需要がないと価格は下がります。(需要・供給曲線)
従って、量が増えたところで、豊かになるとは限りません。

そして理解が深まることで、何故、『税金を取るのか?』となりますので、『管理通貨制度における税金の役割』について真剣に考える必要がでてきます。

『管理通貨制度における税金の役割』についてはまた別の機会に書きたいと思います。