Advisorアドバイザー

bt_bb_section_bottom_section_coverage_image

アドバイザー紹介

https://globalsupportthailand.com/wp-content/uploads/2021/11/1.jpg

Director / アドバイザー

碓氷 厚樹

「将来への不安を明確に、資産形成の準備をお手伝いします」

プロフィール

1986.4.14生まれ
名古屋市出身
2010年(23歳)ニュートンフィナンシャルコンサルティング入社
2013年(26歳)三栄商事株式会社
2021年(35歳)Global Support (Thailand) Co.,Ltd

これまでの歩み

大学卒業後の2010年から東証一部上場企業傘下のニュートンフィナンシャルコンサルティングに入社、主に外資系の医療保険を販売する仕事に従事。当時はリーマンショック直後の就職活動ということもあり、入社できただけでも幸運に感じ、日々熱心に保険の提案をしていた記憶があります。おかげ様で、某外資系保険会社の単月全国売上1位を獲得。

もともと海外への興味があり、高校はカナダの公立高校を卒業しました。日本で保険の仕事をしていても海外との繋がりはなく、段々と海外で仕事をしてみたいと思うようになりました。そして、リーマンショックの影響が落ち着いてきた2013年に商社に転職し、9年間在籍した内の3年間タイ駐在を経験し、駐在期間中にGlobal Supportと出会いました。

Global Supportの開催するセミナー等に参加し経済教育を基礎から学ぶと、日本で当たり前と思っていたことが海外ではそうでないことに気付く。それから勉強を始め、ついには仕事にしたいと思うようになり、ファイナンシャルプランナーや証券外務員の資格を取り、転職を考えていた時にGlobal Support Thailandの久米に電話で相談すると、真剣に取り組んでいることが伝わり、誘いを受け入社を決意しました。

https://globalsupportthailand.com/wp-content/uploads/2021/11/2.jpg

なぜGlobal Supportへの転職を決意されたのでしょうか?

自分自身の経験からです。Global Supportと出会ってからセミナー等に参加するなかで、活動内容や考え方が素晴らしいなと感じていました。それをきっかけにタイ駐在中に将来の備えを考えるようになった時、海外駐在中だと日本の証券会社を利用できない等のデメリットがあることを知ったのですが、一方で海外駐在だからこそできる資産形成があることも知り、最終的にGlobal Supportを通じて香港の金融商品を契約しました。

Global Supportは単に商品内容が良いものを扱うのではなく、もちろん運用利回りも大事な1つの要素ですが、その他にも会社の規模や背景、サポート体制などもしっかりと考慮されていて、何よりお客様に本質的な価値を提供する姿勢を大事にしています。
それが自分にとっては感動的な経験で、自分もそんな存在になりたいと思い目標にしていたので、転職を決意するのに迷いは一切ありませんでした。

お客様へのご提案では何を大切にされていますか?

お客様にとって、誰もが持つ資源である「時間」の大切さを知っていただくこと。また我々の提案も一つの手段でしかないことです。

投資や資産運用において、もちろん原資となる「お金」は必要ですが、誰もが持つ「時間」もまた運用・リスクへの対処において大事な資源です。当然、それを知っているのと知らないのとでは投資行動に違いが出てくると思います。

また、保険や資産形成は何となく準備していたり、契約するときはしっかり考えたけど忘れしまっていることも多いと思います。整理してみると、長い人生においてある時期、またはある事象に対して準備ができていなかったり、そもそも運用内容が良くない場合も多いです。当然、我々がご提案している商品もすべての人の状況に合う訳ではありません。資産形成の手段として優れているものをご提案していますが、例えお客様の状況に合わない場合でも考えるきっかけになったり、気付きをご提供できれば良いと思っています。

https://globalsupportthailand.com/wp-content/uploads/2021/11/3.jpg

これからの目標を教えてください。

これからもお客様にとってGlobal Supportが「出会えてよかった」と思っていただける存在であり続けるように日々精進していきます。

日本では売上げ優先的な接客やサービス案内を見かけることがよくありました。そうすると、自社商品を売りたいが為にデメリットをできるだけ小さく見せようとしてしまいます。その結果、成約すると販売者は社内では優秀なセールスと褒められますが、一方でお客様にとって理想的な資産形成からは遠く離れていってしまいます。これでは互いに不幸な状態を生むだけです。

もちろん、すべての会社がそうではありません。競合他社を負かすことが目的ではなく、我々もあくまで一つの手段としてお客様にとって最善を見つけられるお手伝いができるように、また弊社の根本でもある経済(経世済民)を伝えられるように在りたいと思います。