【本帰国予定者必見】タイ在住資産運用の個別相談事例

本帰国が決まった方とタイ以外の国にお住まいの方からの個別相談が増えています。
今回はお問い合わせの多い個別相談の事例を書きます。

個別相談事例

個別相談にてお問い合わせの多い事例は以下です。

・本帰国が近づいています。タイの銀行口座に預けている資金を資産運用出来ますか?

・香港の貯蓄性保険について詳しく教えてください。

・日本の銀行に預けたままのお金を運用希望です。

・海外にいながら出来る資産運用全般について教えてください。

・株式投資を検討しています。タイにいながら日本株や米国株は可能でしょうか?

タイの銀行口座もしくは日本の銀行口座の預金を何かしらの方法で運用をしたいというご希望が多いです。

資産運用の基本的な考え方

資産運用の基本的な考え方は【何が起きても大丈夫】としておく事です。
仮に年金が減っても大丈夫、収入が減っても大丈夫等々・・。
その他、【絶対】が無いという考え方も大切です。
全ての国、通貨、商品に必ずリスクがあります。
資産の種類を分散し、複数の収入源を作る事をお勧めします。

初心者にお勧めの資産運用方法

初心者の方にお勧めの資産運用は定額積立投資とまとまった資金を活用した貯蓄性保険です。

【定額積立投資】

ドルコスト平均法を利用して債券・株式に投資
ドルコスト平均法の考え方についてはこちら

・個人型確定拠出年金(iDeCo)や積立NISAの活用(日本居住者のみ)
・企業型確定拠出年金
・従業員持株会
・インデックス投資
・ETF(上場投資信託)

【貯蓄性保険】

投資タイミングに関係なく時間を活用して複利で資産を増やす事が可能。
長期運用で元本を確保する事が出来ます。

・香港での貯蓄性生命保険

時間をかける事で資産を増やす事が出来ます。
また日々の値動きを確認する必要がない為、本業に集中をする事が出来ます。

資産運用のポイント

資産運用を始めるにあたってのポイントをご紹介します。

【浪費見直して投資に変える】
資産運用を始める前に現在の支出の無駄を省く事が大切です。
浪費となっているものがあれば見直して、資産となるものにお金を使っていきましょう。
また、毎月1万円の資産収入を作る事よりも1万円の無駄を削減する方が簡単で効果が高いです。
生命保険料や住宅ローン等の毎月のコストをもう一度見直してみましょう。


【相談相手を間違えない】
資産運用を始める場合は金融機関に相談するよりも、既に資産を作っている人に相談をした方が良いアドバイスがもらえる事が多いです。
資格を持っている人に相談するよりも既に資産運用を実現している人に相談をする事をお勧めします。
相談相手がどのような資産運用をしているのか?また資産運用についての考え方を聞いてみるのもお勧めです。

【コツコツ積み重ねていく】
良いと思って大きなお金を一度に入れるのではなく、自分の知識と経験を積み重ねていきながら一つずつ行動に移しておく事が大切です。
万一、自分に合っていないところに資金を投入してしまうと修正が難しくなり時間をロスしてしまうことになります。
自分の成長と共にコツコツと資産を積み重ねていく事をお勧めします。

まとめ

今回は資産運用の個別相談事例とポイントについて書きました。
資産運用について真剣に考えていただくきっかけとなりましたら幸いです。
タイ在住中の資産運用についてお気軽に弊社の個別相談をご利用ください。

個別相談の進め方等につきましては以下のブログをご確認ください。