資産運用

タイ在住者が香港の貯蓄性保険で加入してはいけないケースについて【タイ在住者必見!】

タイ在住者の方へ 香港の貯蓄性保険に加入してはいけない人とは?

タイ在住者の方へ
香港の貯蓄性保険に加入してはいけない人とは?

資産運用にはリスクがあります。また人によっては生命保険で運用する事がそもそも合わないケースもあります。
今回は、タイ在住者が香港の貯蓄性保険に加入してはいけない人について書きます。

香港貯蓄性保険での運用について

香港貯蓄性保険での運用について

香港での貯蓄性保険についてはいくつか情報をお知らせしておりますが、最大のメリットは老後に複数の収入源を確保する事が出来る事です。


駐在員の人はいつか給与が止まります。年金の支給開始が伸びるので雇用延長されるという話もありますが、65歳過ぎてから働くというのも難しい場合があります。

例えば最新のシステムを営業する会社なのに65歳過ぎた人が営業に来てもなかなか難しいですよね・・。雇用延長の制度として働けるのと実際に必要とされるのは違う場合があります。今と同様に65歳から年金だけで生活することは難しいです。生活費の不足分を補うために働くとなるとやりたくない事でも生活のために働く必要が出る場合があります。

しかし、老後に複数の収入源を確保しておくと年金だけでは足りなくても貯蓄性保険から定期的な収入が入ることで老後の生活は安定します。その時には自分の経験を生かして好きなことややりたい事で生活をし続ける事が出来るようになります。香港の貯蓄性保険は老後の複数の収入源を確保するのに役立つ事が出来ますが、次のような注意点があります。

香港貯蓄性保険の注意点


生命保険での運用についてはいくつか注意点がありますが、最大の注意点は保険料を無理しない事です。
老後の不安や将来増える額を意識し過ぎて保険料を増やしてしまうと以下のデメリットがあります。


①短期で解約や一部解約となる可能性がある。

②自己投資の可能性を奪う


貯蓄性保険での運用は長期では元本が保証されています。しかし短期で解約すると元本が割れます。
将来を心配し過ぎて保険料を増やすよりも無理のない金額で時間を活用して運用をした方が解約金は増えます。
また、老後に複数の収入源を確保する事も大切ですが、若い時から複数の収入源を確保しておく事や自分の魅力を高めるための自己投資も大切です。

自己投資には時間かお金、もしくは時間とお金が必要です。

資金の配分に気をつける事がとても大切となります。
今の時代は資産運用も自己投資もしない事が長期にわたって一番リスクを取ることになります。タイ在住中に資産運用や自己投資を意識してみることから始めてみましょう。
お気軽に弊社の個別相談をご利用ください。