経済教育

価値との交換

先月、日本に滞在していた時、
中学3年生の娘が同級生の姪と話をしていました。

内容はディズニーランドに2人で行きたいけど姪が
今はお金がなく、親からお金をもらえないので行くことが出来ないとのことです。

娘から「パパ2人分のバス代とチケット代を出して」と
言われ、私は「いいよ。」と答えました。

私自身はその後バンコクに戻ったのですが、
後から聞いた話ですと、ディズニーランドへ行く
深夜バスの発車場所まで祖母が送っていき、夜ご飯代とお小遣いを
もらい、叔母からもお小遣いをもらったそうです。

結果、お金を持っていなくてもディズニーランドを
満喫したこととなりました。

娘には僕や祖母、叔母がどうしてお金を出したのかを
考えるように伝えました。

価値のないものにお金を払う人はいないからです。

私がお金を出した理由は久しぶりに会う姪と
中学生最後の思い出を作ってほしいと思い
娘の思い出の代金として支払いました。

祖母や叔母は中学生2人だけでディズニーランドに行く事が
心配と思ったのかもしれません。
娘が大学生であればお金を払わなかったかもですね(笑)

娘と姪が2人でディズニーランドに行く事で
自分や自分がした行動の価値に気づく事が出来たら
お金に対しての捉え方や理解が深まるのではと思います。
またお金を出した人に対してより感謝を伝えられるかもしれません。

あらゆる価値はお金に変換する事が可能です。
信頼、時間、経験、人脈等々・・

自分の価値に気づく事、そしてその価値を高める為に
自己投資をし続けて行く事が資産運用よりも大切な事ではないでしょうか?